長崎さくら鰹

 「目には青葉山時鳥初松魚」といいますが、江戸っ子に
とって、緑鮮やかな五月頃が、「かつお」の旬です。
「かつお」の故郷は、熱帯から温帯にかけての広い海域
です。「かつお」は黒潮に乗って北上します。二月下旬に
九州南部へ、九州北部に位置する長崎では三月下旬、さ
くらの咲く頃が旬になります。

 大漁のとき、「かつお」は漁師の家で「かつお節」に
されました。商品としてではなく、自家消費の嗜好品とし
ての「かつお節」作りは、作る人の独自性を主張した、
格別の味を競ったのです。近隣の味比べで修練された
「かつお節」は、九州産「荒節」特有の「コクがあるにも
かかわらず、クセのない」、独自の境地へ辿りつきます。

 「削り節」は焙乾(ばいかん)の工程が終わった「荒節
(あらぶし)」を削ったものと、さらにカビ付けの工程を
経た「枯節(かれぶし)」を削ったものがあります。地元
九州では、どちらかというと、「荒節」に人気があります。
これは、捕獲して日を置かない、新鮮な「かつお」だけが
持つ風味がよく知られ、好まれているからです。

おいしい
召し上がり方
「長崎さくら鰹」は、捕獲して日を置かない新鮮な「かつ
お」を素材にした、「新鮮荒節」です。削りたてがさくら
色のため、「さくら鰹」と命名しました。
「血合い」を取り除き、昔ながらの漁師風の作りを踏襲し
た新鮮な「かつお節」ですから、豆腐などに、たっぷり
かけて「生食」でご賞味いただければ、格別と思います。

おいしさを保つ[保存方法]
かつお節に含まれている脂肪の酸化を防止するため、袋内
には不活性ガスが注入されています。開封後は一度に使い
切ることをお奨めしますが、残品した場合は、風味を保守
するために、袋内の空気を抜いて冷凍庫で保存していただ
き、できるだけお早めのご使用をお願いいたします。

賞味期間
密封で1年間・冷暗所で保管して下さい。
<常温便でお送りします>

長崎南蛮いりこ

かたくちいわしは、成長過程で呼び名が変わります。
生まれたばかりは「ちりめん」、少し大きくなると
「かえり」です。長崎県の「かえりじゃこ」は、海底が
見えるほどの透明度の高い海岸付近で、春と秋しかとれない、
生食用の「じゃこ」です。おいしさでは定評のある、この
「かえりじゃこ」を特製の南蛮酢に漬け込みました。
唐辛子を入れたものを「南蛮酢」と言いますが、
ピリピリ感を効かせた長崎の味です。
酒の肴に、御飯のお供にお試しください。

お召し上がり方
そのままお召し上がりください。

保存方法
常温保存できます。直射日光はお避けください。

賞味期間
常温で4ヵ月<常温便でお送りします>

商品のお問合せ先・ご注文先

会社名

株式会社 海産物中嶋屋本店

住 所

築町本店/〒850-0877長崎市築町4-2
TEL(095)821-6310・FAX(095)828-1665

支店・販売店

夢彩都店/〒850-0035長崎市元船町10-1・BF
TEL(095)822-8817・FAX(095)822-8829

畝刈工場/〒851-2212長崎市畝刈町1613-98
TEL(095)850-6311・FAX(095)850-6343

フリーダイヤル

TEL0120-21-6310・FAX0120-88-7758

URL

http://www.nakasima-inc.com/

Copyright (C) 2003 AD-X 長崎名物工房 . All Rights Reserved.